ゲド戦記の墓所(墓地)が意味するものは?テナーの過去との関係が気になる!

ゲド戦記で敵につかまり、地下に閉じ込められたテナーが言った”墓所のことを思い出すわ”ってセリフがなんだか意味深で気になりますよね?

私もゲド戦記を見ていて、何かを思い出しているかのような表情で話すテナーの言葉が気になったんですよ。

実際に調べてにると、テナーの過去に関係があることがわかり、その過去は原作本に書かれていて、映画では触れていないんだとか…。

それでは綺麗なテナーの画像をたっぷりチェックしながら、サクッと読み進めていきましょう!

意外な過去がわかりますよ!!

スポンサーリンク

ゲド戦記の墓所が意味するものは?

ゲド戦記で墓所と言ったのは、敵につかまり、地下に閉じ込められてしまったテナーの言った言葉ですね!

墓所とは、テナーがむかし住んでいた場所と関係しています。私はてっきりテナーが閉じ込められてしまった地下のことを、墓所と言っているのではと思っていました(笑)

原作本を読めば詳しく載っているのですが、映画のゲド戦記は原作本の内容を簡潔にまとめて、オリジナルというかジブリ色を前面にだしました。

なので時間の都合や話のストーリーなどもあって、テナーの過去にはあまり触れなかったのではないでしょうか?

今回はじめてゲド戦記をみたのですが、ところどころアレって思う場面があったので、こういうことだったのかなと納得できました。

スポンサーリンク

テナーの過去との関係が気になる!

テナーの過去と墓所はやっぱり関係しています!

映画では触れていないのですが、原作本ではテナーは生まれたときから、地下に闇の迷宮を持った神殿の中で巫女として育てられてきました。

敵につかまり、ちょうど地下に閉じ込められてしまったので、むかし育ってきた闇の迷宮「神殿」を思い出して、墓所のことを思い出すわと言ったのではないでしょうか?

むかし育ってきた場所のことを墓所と言っているので、あまり良くない環境だったと想像できます。

意味深な表情でなんか昔のことを思い出している雰囲気というか、感じが見てとれるので、いろんなものを背負ってきたんだなーと思いましたね。

いつもは明るくて元気なテナーですが、このときばかりはさすがに元気や覇気がなくなっていました。

最初にテナーを見たときから思っていましたが、やっぱりテナーも何かしらのチカラを持っている感じがしましたよね。あのハイタカと昔からの知り合いなので…。

テナーはキレイで性格が最高!

テナーを最初に見たときに、かなかキレイな女性だなと思いました(笑)ジブリ作品ってかなり個性が強い画風が多い感じがしますが、私だけでしょうか?みなさん思いますよね!

そう考えると、今回のテナーはキレイなほうだといえますよね!やさしさも見て取れるし、性格もはっきりしています。

薬を買いに来たおばさん2人にも毅然(きぜん)とした態度で接しています。

その2人のおばさんはテナーの悪口を言っているのですが、テナーは堂々とした態度で切り返していました。逆におばさん2人が焦ってしまい…。

おばさん2人が薬代をもってこなかった?とわかると、”あとでいいよ”とテナーは言います。最初から薬代を持っていないことはわかっていましたね。男気があふれていてカッコイイです!!

スポンサーリンク

まとめ

今回はゲド戦記の墓所についてお伝えしました。ゲド戦記で墓所に関係する人物はハイタカと昔から仲の良い”テナー”でした。

映画では詳しく触れていなかったのですが、テナーの生まれたときから関係していました。原作本とはちょっと内容がことなっているのですが、こればかりは仕方がないと思います。

テナーはキレイですし、性格も最高に申し分ないですよね。ハイタカにはもったいないです(笑)

ジブリ作品は毎回人気があるので、次回の作品にも期待しています!!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ↓

≫ゲド戦記アレンにそっくりな影の人物とはいったい何者?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!