山口俊投手|今年の年俸はどうなる?メジャーからも支給される?

ジャイアンツ傘下3Aサクラメントを退団した山口俊投手が、古巣巨人と契約したと話題になっていますね。電撃合意となっていますが本当かな?と思ってしまいますが。

電撃合意も気になりますが、シーズンの途中帰国で日本の球団と契約する形になるので、年俸はどうなるのか気になっていました。

去年マリナーズを契約1年残しDFAされた、現阪神のチェン投手を参考に見ていきましょう!

追記:山口俊投手は2年契約で、今季年俸は3000万円プラス出来高、来季は変動すると正式に発表がありました。

スポンサーリンク

山口俊:今年の年俸はどうなる?

この投稿をInstagramで見る

山口俊(@shun.yamaguchi_official)がシェアした投稿

山口俊投手は2020年からブルージェイズと2年契約を結んでいます。2年総額635万ドル(当時6億9900万円)で合意。

昨季は17試合登板し、2勝4敗1ホールドで防御率8.06。好不調の波が激しかったためにポストシーズンのロースター枠から外れてしまう。

2年契約最終年となる今季の年俸は317万5000ドル(約3億3000万円)

ジャイアンツとマイナー契約を結び3Aサクラメントに所属したが、5試合登板で0勝3敗、防御率6.17の成績で6月3日に自由契約となった。

今年の年俸は約3億3000万円。2021年のキャンプ前に山口投手はDFAされているので今年の年俸はブルージェイズから保証されています。

スポンサーリンク

巨人からの年俸は?

巨人と電撃合意したと報道されました。条件面で合意となっているので入団は確定ですね。

年俸が気になるところですが、今のところ発表されていません。

追記:山口俊投手は2年契約で、今季年俸は3000万円プラス出来高、来季は変動すると正式に発表がありました。

去年、マリナーズとの契約を1年残してDFAされた現阪神のチェン投手は、去年の9月下旬にロッテに加入しました。そのときの年俸は3000万円。

契約を1年残してDFAされたマリナーズからも、チェン投手は年俸はフルで貰っています。

このことからも分かるように、山口俊投手はブルージェイズと巨人から年俸を貰えることがわかりました。

ただし、山口俊投手と球団との該当シーズン契約である為、3億円以下での契約を巨人が結べば元の球団(ブルージェイズ)に差額を支払う義務が生じます。

結果、山口俊投手は最低でも約3億3000万円の年俸は確定していることになります。

まとめ

山口俊投手|今年の年俸はどうなる?メジャーからも支給される?につてお伝えしました。

山口俊投手は2年契約で、今季年俸は3000万円プラス出来高、来季は変動すると正式に発表あり。

ブルージェイズと2年契約を結んでいましたので、最終年の年俸(約3億3000万円)は確定していました。

マリナーズとの契約を1年残してDFAされた現阪神のチェン投手も2球団から支給されているので、山口俊投手も同じ支給されると思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする